経営者Q&A

協会けんぽについて教えて下さい(2008年11月)

【Q】10月より、「協会けんぽ」がスタートしましたが、現在持っている保険証はそのまま使えるのですか?

【A】はい。そのままつかえます。
 順次、「協会けんぽ」発行の新しい保険証へ切り替えられるようですが、それまでは今の保険証で診療を受けることができます。なお、入社や再交付などで 10月以降新たに交付をうけた方については、すでに新様式の保険証が発行されています。


【Q】安心しました。ところで、「協会けんぽ」のスタートに伴って、届け出、手続きの面で注意すべき点があれば教えてください。

【A】これまで通り各地域の社会保険事務所で取り扱うものと、「協会けんぽ」(正式には、全国健康保険協会の都道府県支部)で取り扱うものに、別れます。

 入退社の届け出(資格取得、喪失届)
 扶養家族の届け出(被扶養者異動届)
 給与額変更等の届け出(報酬月額変更、算定届)
 賞与等の届け出
 会社の登録に関する届け出(新規適用、名称・所在地変更届)
 =社会保険事務所へ(これまでと同様)

 保険給付の申請手続き(療養費、高額療養費)(傷病手当金)(出産育児一時金、出産手当金)
 保険証の再交付手続き
 健診等の申込
 退職後の継続申請等(任意継続被保険者に関する手続き)
 =「協会けんぽ」へ

 なお、給付関係の申請手続きについては、当面の間、各社会保険事務所の中に、「協会けんぽ」の職員が出張して臨時の窓口を設けているようです。


 直接、問い合わせをされる方もおられると思いますので、以下に近郊の「協会けんぽ」都道府県支部の連絡先・住所をあげておきます。

■東 京 〒141‐8585 品川区大崎5‐1‐5 高徳ビル TEL.03‐5759‐8025
■神奈川 〒240‐8515 横浜市保土ヶ谷区神戸町134 横浜ビジネスパーク・イーストタワー TEL.045‐339‐5533
■千 葉 〒260‐8645 千葉市中央区富士見2‐20‐1 日本生命千葉ビル TEL.043‐308‐0521
■埼 玉 〒330‐8686 さいたま市大宮区土手町1‐49‐8 G・M大宮ビル TEL.048‐658‐5911

 これらに関連する質問に限らず、疑問等がございましたら、気軽に近くの専門家まで!


石上 篤(足立支部)
石上労務管理事務所
TEL.03-3852-2281

一覧へ戻る

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部・西部協議会
7月6日(木)
第12期 販売塾
大好評です!!ロングランで...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏及びコンサルタント連合『青藍会』の強力講師陣
渋谷支部
7月20日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏