経営者Q&A

平成25年度から改正される税金の取り扱いについて(2013年11月)

【Q】平成25 年3 月31 日以降に終了する決算 から適用される改正税法項目は何ですか?

 平成25 年3 月31 日以降終了する事業年度分から適用されるものは、

 ① 消費税関係として
  1. 当期の課税売上高が5 億円を超える法人は、消費税の計算で95% ルールの適用ができません。(従前は、非課税売上高が5% 未満であれば、仕入にかかわる消費税額を全額仕入税額として、売上にかかわる消費税から控除できました。)売上高が5 億円以下の法人は、従前どおりです。
  2. 改正により課税売上高と非課税売上高の按分比率分よるので、課税売上高相当分の仕入税額しか控除できなくなくなりました。
     例 課税売上高970。非課税売上高30。の場合仕入税額が800 とすると、744 が控除対象額。(従前は800)
 ② 法人税関係
  1. 法人税率の引き下げ。(中小法人 資本金が1 億円以下の法人)法人所得の内、年800 万円以下の部分は15%。(従前は18%)年800万円超の部分は25.5%。(従前は30%)
  2. 復興税率が新たに導入され、税率は法人税額の10% を上乗せされます。
     例 法人所得が900 万円とすると、800 万円×0.15=120万円。(900万円-800万円)×0.255=25万5 千円 計1,455,000 円× 0.10=145,500 円。
     合計1,600,500 円
【Q】平成25 年4 月1 日以降開始する決算から適用される改正税法項目は何ですか?
 平成25 年4 月1 日以降開始する決算から適用項目されるものは、
  1. 中小企業の交際費を800 万円まで全額損金算入ができます。(従前は600 万の90% 540万円まで)いままで以上に社長の個人的支出が厳しくなり、交際費ではなく認定賞与と税務調査で指摘されますので、くれぐれも個人的経費を会社経費にされないように。認定賞与とされますと、法人税も課税され、個人の所得税も課税されることになりダブルパンチとなります。
    例 800 万円使った中小法人。26 年3 月期の申告時には、800 万円全額が損金算入。(従前は、540 万円が損金算入で、800 万円-540 万円=260 万円が所得に加算)
  2. 従業員数を増加させた場合の減税限度額を40 万円(1 人あたり)に拡大。
  3. 給与を増加させた場合の減税制度の創設。2・3 の詳細については関与税理士にお尋ね下さい。

【Q】相続税関係の改正点については?

 相続税は大幅な増税となります。
 相続税の基礎控除の引き下げ。(平成27(2015)年1 月1 日以降から適用)3000 万円(定額控除)+600 万円×法定相続人数(従前は5000 万円+1000 万円×法定相続人数)
    例 遺産が1 億円。法定相続人数が3 人とすれば、基礎控除額→ 4800 万円。課税対象額 5200 万円。(従前 課税対象額2000 万円)
 相続税対策を生前から準備されてはいかがでしょうか。
  関与税理士にお尋ね下さい。
 

鎌田 史郎(足立支部)

株式会社会計情報 
税理士

TEL. 03-3257-0360
E-mail : kmc@blue.ocn.ne.jp

一覧へ戻る

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部・西部協議会
2月1日(木)
第13期 販売塾
大好評です!!ロングランで...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏及びコンサルタント連合『青藍会』の強力講師陣
渋谷支部
4月19日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏