>
2017年6月15日(木) 大田区産業プラザ
 
 
東京中小企業家同友会大田支部6月例会が京急蒲田駅前の大田区産業プラザにて開催されました。
 
6月例会では、空調ダクト清掃業として全国展開されている日本ウイントン 大廻和彦社長が「真の第2創業~産学官金をいかに連携させるか~空気の困りごと解決の使命に燃える」と題して報告されました。
 
そして大田支部6月例会に三多摩支部より、サニーシステム 藤井社長が応援参加されました。
 
report_ph_170615-01.jpgreport_ph_170615-02.jpgreport_ph_170615-03.jpg
2017年6月13日(火) 嘉悦大学
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。
 
今年度第5回目の講義では、(有)吉垣生花店 常務取締役 吉垣親伸氏が、「ものではなく、コトを売る生花店」として、自身のこれまでの経験と自社での特徴的な営業の取り組みを報告しました。さらに講義では、吉垣生花店で3000円で注文できる花束づくりのパフォーマンスを披露。講義終了時には「嘉悦大学の学生であれば吉垣生花店でのお花購入の際には10%割引をします」と、学生たちに贈り物としての花に関心をすこしでももってもらいたいと来店を呼びかけました。
 
report_ph_170613-01.jpgreport_ph_170613-02.jpgreport_ph_170613-03.jpgreport_ph_170613-04.jpg
2017年06月12日(月) 砂場
 
 
6月12日(月)、三多摩支部の有志企画として、田無駅近くの「砂場」にて蕎麦を食べる会が開催されました。おいしい手打ちそばを食べながら語り、そして原口氏の尺八の演奏もあり心を癒し、みなさん元気になりました。担当幹事は、岩渕氏でした。
 
report_ph_170612-01.jpgreport_ph_170612-02.jpgreport_ph_170612-03.jpgreport_ph_170612-04.jpgreport_ph_170612-05.jpg
6月の東京中小企業家同友会三多摩支部例会は、普段と趣を変えて同友の仲間とバーベキューをしながらの交流会となりました。
 
当日はご夫婦、お子様づれのご参加もあり、賑やかな食事会となりました。
 
特にお肉は、デー・エフ・アイ 岩渕社長お勧めの高級肉が提供され、お子様が窯焼ピザづくりと焼きそばづくりを体験し、みんなでおいしくいただきました。
 
report_ph_170610-01.jpgreport_ph_170610-02.jpgreport_ph_170610-03.jpgreport_ph_170610-04.jpgreport_ph_170610-05.jpgreport_ph_170610-06.jpgreport_ph_170610-07.jpgreport_ph_170610-08.jpgreport_ph_170610-09.jpg
2017年6月6日(火) 立川市女性総合センターアイム
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では毎月開催している幹事会にて「ミニ報告会」を併設しています。
 
6月ミニ報告会の報告者は、(株)ダイケン 高橋英之です。学生時代の取り組みや入社の経緯、専門資格を取得し営業に役立てていることなどご自身のこれまでの取り組みと自社の事業内容について報告されました。
 
report_ph_170606-01.jpgreport_ph_170606-02.jpg
2017年5月30日(火) 嘉悦大学
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。
 
今年度第4回目の講義では、東京中小企業家同友会三多摩支部 副支部長の(株)トコウ 斗光健一社長が、大学卒業後サラリーマンとして活躍していたが家業を手伝うために、塗装業界に飛び込んだこと、塗装業界の現状と今後の自社の展望、社員とともに良い会社をつくりあげている取り組みについて具体的事例を交えて、学生約70名に報告されました。
 
report_ph_170530-01.jpgreport_ph_170530-02.jpgreport_ph_170530-03.jpg
2017年5月29日(月) 八王子市学園都市センター
 
 
「多摩地域に同友会の理念と仲間の輪を広げよう」をスローガンに5月29日に、多摩協議会第2期総会が総勢40名の参加にて開催されました。多摩協議会は、三多摩支部、町田支部、八王子支部の3つの支部による更なる連携と交流、そして多摩地域での新支部設立についても取り組んでいきます。
 
多摩協議会記念講演では、セブン銀行 代表取締役社長 二子石謙輔氏が「世界に類をみない銀行設立から今日まで」と題して講演をされました。
 
report_ph_170529-01.jpgreport_ph_170529-02.jpgreport_ph_170529-03.jpg
2017年5月24日(水) (株)ナガセ
 
 
2016年11月15日付け日刊工業新聞にて「ナガセ、本社工場新設」として報じられた東京中小企業家同友会三多摩支部会員 (株)ナガセの本社工場の建設が進んでいます。
 
report_ph_170524-03.jpgreport_ph_170524-04.jpg
2017年5月24日(水) 府中グリーンプラザ
 
 
2018年4月の設立を目指し、第1回目の府中支部設立準備幹事会が、三多摩支部、町田支部の両支部から10名の参加を得て開催されました。
 
準備幹事会では調布・府中エリアで事業を行っている2名の新会員 買取なんでも市場松谷氏とA型事業所「らぷらんど調布」を運営しているNPOくまもと障がい者就労支援ネットワーク 木村氏も参加され、新支部設立の意義や今後の取り進めについて活発な意見が交換されました。
 
report_ph_170524-01.jpgreport_ph_170524-02.jpg
2017年5月22日(月) 立川市女性総合センターアイム
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部5月例会では「経営指針成文化セミナー卒業生が語る」と題して(有)サニーシステム 取締役 藤井敦氏と㈱トコウ 代表取締役 斗光健一氏が報告しました。
 
藤井氏は「カッコイイ社長になる」と題して、経営指針成文化セミナー受講前と受講中そして卒業後の自身の経営に対する思いの変化や、社員を巻き込んだ社内制度の改革の取り組みなどについて報告しました。斗光社長は「同友会入会で会社が変わり運をつかんだ」と題して、創業からの幾多の苦難を乗り越えてきたこと、成文化セミナーにて作り上げた経営指針書が現在のトコウの成長の羅針盤になっていることを自社での取り組み事例を交えて報告しました。
 
report_ph_170522-01.jpgreport_ph_170522-02.jpgreport_ph_170522-03.jpgreport_ph_170522-04.jpg

よい会社になろう!

東京中小企業家同友会は東 京都内2100社の異業種の中 小企業家が加盟する会。オン リーワン企業・優良企業・老舗 からベンチャーまで様々な経 営者が知り合い、学び合い、 援け合い、良い会社を目指 す経営者の会です。
東京中小企業家同友会

入会資格

●企業規模の大小を問わず、中 小企業経営者およびそれに準 ずる方で、会の趣旨に賛同する 方であればどなたでもご入会い ただけます。

●入会には会員1名の推薦が必 要です。お知り合いの会員がお られない場合は事務局までご相 談ください。

●入会金は20000円、月会費は 7000円で3か月ごとの前納となっ ています。

ウェブページ