>
2017年8月2日(水) 府中プラッツ
 
 
8月2日に開催された東京中小企業家同友会府中支部設立準備委員会には総勢14名が参加し、今後の府中支部準備例会の企画などを話会いました。準備委員会の後半では、今月よりミニ報告会が併設されました。第1回目の報告者は友和建工 新海宗昭社長(三多摩支部増強部長)が立候補され、事業承継についてご自身の経験を赤裸々に語られました。
 
次回の府中支部設立準備委員会は9月4日に府中グリーンプラザにて開催され、ミニ報告者は三多摩支部より吉垣生花店 吉垣親伸氏が報告となります。
 
report_ph_170802-01.jpgのサムネイル画像report_ph_170802-02.jpgのサムネイル画像report_ph_170802-03.jpgのサムネイル画像
2017年7月24日(月) 立川市女性総合センターアイム
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部7月例会では、町田支部副支部長として活躍中の青木万年堂 藤堂世照氏の講演会を開催しました。事前に三多摩支部幹事会でとりまとめられた講演内容リクエストについて、ご自身のこれまでの取り組みを交えて具体的にわかりやすく解説していただきました。特に、現代の若者との接し方については現在の大人が自分の育ってきた価値観による押し付けではなく大人自身が現代の若者そのものを学ぶことが大切であることと説きました。
 
なお、当日は仙川総合法律事務所 伊藤真樹子先生へ出産祝いの花束贈呈も行われました。
 
report_ph_170724-01.jpgreport_ph_170724-02.jpgreport_ph_170724-03.jpgreport_ph_170724-04.jpg
2018年に新たに設立予定の「東京中小企業家同友会 府中支部」の設立準備例会が、カンブリア宮殿でも大反響となった、ねぎしフードサービス 根岸榮治社長(東京中小企業家同友会 新宿支部会員)を講師に迎えて開催されました。
 
講演では、ねぎしフードサービスの成長の原動力である人財育成と仕組みづくりについて具体的事例と豊富な資料を交えて詳細を解説いただきました。講演後のグループ討論では自社が目指す将来像について意見交換を行いました。
 
report_ph_170721-01.jpgreport_ph_170721-02.jpgreport_ph_170721-03.jpg
2017年7月14日(金) (株)ねぎしフードサービス・サポートオフィス
 
 
2018年に誕生予定の「東京中小企業家同友会 府中支部」。新支部設立にむけて府中支部設立準備委員会が毎月開催されています。
 
7月21日には府中支部設立準備例会第1弾として、ねぎしフードサービス 根岸榮治社長を講師に迎えた講演会を府中市市民活動センター・プラッツにて開催されます。
 
7月14日には、講師打ち合わせ会を実施。三多摩支部からは、友和建工 新海社長、アドバンスト・ソフト 小柳社長、町田支部からはマネージビジネス 速水会長、経営支援 茶谷社長が打ち合わせ会に参加し、ねぎしフードサービスの躍進の秘訣を伺いました。
 
report_ph_170714-01.jpgreport_ph_170714-02.jpg
2017年7月4日(月) 立川市女性総合センターアイム
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では毎月開催している幹事会にて「ミニ報告会」を併設しています。
 
7月ミニ報告会の報告者は、(株)デー・エフ・アイ 岩渕匡氏です。企業理念を磨き上げていくと経営者の思いは端的な言葉で表現できること、理念を会社全体で共有するための取り組みなどについて語っていただきました。なお、7月三多摩支部幹事会には、24研PRのため、内田勲実行委員長と茶谷町田支部長、杉並支部より合同例会担当の田崎氏が参加されました。
 
report_ph_170704-01.jpgreport_ph_170704-02.jpgreport_ph_170704-03.jpg
2017年6月27日(火) 嘉悦大学
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。
 
今年度第6回目となる最終講義では、原口法律事務所 代表・弁護士 原口紘一氏が、「トラブルを解決するという仕事」として、弁護士の仕事、弁護士補助職という仕事について解説をされたほか、原口法律事務所の経営理念と自身のこれまでの経験と学生になじみの深い事例を使っての宿題解説を講演されました。
 
report_ph_170627-01.jpgreport_ph_170627-02.jpgreport_ph_170627-03.jpg
2017年6月15日(木) 大田区産業プラザ
 
 
東京中小企業家同友会大田支部6月例会が京急蒲田駅前の大田区産業プラザにて開催されました。
 
6月例会では、空調ダクト清掃業として全国展開されている日本ウイントン 大廻和彦社長が「真の第2創業~産学官金をいかに連携させるか~空気の困りごと解決の使命に燃える」と題して報告されました。
 
そして大田支部6月例会に三多摩支部より、サニーシステム 藤井社長が応援参加されました。
 
report_ph_170615-01.jpgreport_ph_170615-02.jpgreport_ph_170615-03.jpg
2017年6月13日(火) 嘉悦大学
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。
 
今年度第5回目の講義では、(有)吉垣生花店 常務取締役 吉垣親伸氏が、「ものではなく、コトを売る生花店」として、自身のこれまでの経験と自社での特徴的な営業の取り組みを報告しました。さらに講義では、吉垣生花店で3000円で注文できる花束づくりのパフォーマンスを披露。講義終了時には「嘉悦大学の学生であれば吉垣生花店でのお花購入の際には10%割引をします」と、学生たちに贈り物としての花に関心をすこしでももってもらいたいと来店を呼びかけました。
 
report_ph_170613-01.jpgreport_ph_170613-02.jpgreport_ph_170613-03.jpgreport_ph_170613-04.jpg
2017年06月12日(月) 砂場
 
 
6月12日(月)、三多摩支部の有志企画として、田無駅近くの「砂場」にて蕎麦を食べる会が開催されました。おいしい手打ちそばを食べながら語り、そして原口氏の尺八の演奏もあり心を癒し、みなさん元気になりました。担当幹事は、岩渕氏でした。
 
report_ph_170612-01.jpgreport_ph_170612-02.jpgreport_ph_170612-03.jpgreport_ph_170612-04.jpgreport_ph_170612-05.jpg
6月の東京中小企業家同友会三多摩支部例会は、普段と趣を変えて同友の仲間とバーベキューをしながらの交流会となりました。
 
当日はご夫婦、お子様づれのご参加もあり、賑やかな食事会となりました。
 
特にお肉は、デー・エフ・アイ 岩渕社長お勧めの高級肉が提供され、お子様が窯焼ピザづくりと焼きそばづくりを体験し、みんなでおいしくいただきました。
 
report_ph_170610-01.jpgreport_ph_170610-02.jpgreport_ph_170610-03.jpgreport_ph_170610-04.jpgreport_ph_170610-05.jpgreport_ph_170610-06.jpgreport_ph_170610-07.jpgreport_ph_170610-08.jpgreport_ph_170610-09.jpg

よい会社になろう!

東京中小企業家同友会は東 京都内2100社の異業種の中 小企業家が加盟する会。オン リーワン企業・優良企業・老舗 からベンチャーまで様々な経 営者が知り合い、学び合い、 援け合い、良い会社を目指 す経営者の会です。
東京中小企業家同友会

入会資格

●企業規模の大小を問わず、中 小企業経営者およびそれに準 ずる方で、会の趣旨に賛同する 方であればどなたでもご入会い ただけます。

●入会には会員1名の推薦が必 要です。お知り合いの会員がお られない場合は事務局までご相 談ください。

●入会金は20000円、月会費は 7000円で3か月ごとの前納となっ ています。

ウェブページ