>
2017年4月25日(火) フォレストイン昭和館
 
東京中小企業家同友会三多摩支部の第43期支部総会がフォレストイン昭和館にて開催されました。
 
2017年度の活動スローガン「つながろう中小企業の輝ける多摩で」、100名会員を目指す三多摩支部の活動方針や予算など関連議案について全会一致で承認されました。
 
記念講演会では、神奈川県中小企業家同友会の会員である(株)湯佐和 湯澤 剛社長が「40億円の借金の山~覚悟を決めて臨んだ1827日の軌跡を語る」と題して、実父の急逝で背負った40億円の借金に対して、いかに会社を再生させ返済を果たしてきたのかをご自身のこれまでの経験を踏まえて赤裸々に語っていただきました。懇親会ではフォレストイン昭和館でのおいしい料理を堪能しました。
 
report_ph_170425-01.jpgreport_ph_170425-02.jpgreport_ph_170425-03.jpgreport_ph_170425-04.jpg
2017年4月7日(金) 東京中小企業家同友会
 
東京中小企業家同友会広報部では、広報誌「月刊中小企業家」の編集発行を担っています。このたび2017年度より多摩エリアの広報力向上にむけて三多摩支部長 岡野景子氏が広報委員に就任され、4月7日に新年度第1回目の広報委員会が開催されました。
 
report_ph_170407-01.jpg
2017年4月18日(火) 嘉悦大学
 
東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。
 
第1回目の講義では、劇団前進座 河原崎國太郎氏が、劇団前進座の歩みと前進座の歌舞伎についてを、伝統を未来につなぐ役目としての取り組み、付属養成所の卒業生である若手が活躍していることを具体的事例を交えて、学生約70名に報告されました。
 
 
report_ph_170418-01.jpgreport_ph_170418-02.jpgreport_ph_170418-03.jpgreport_ph_170418-04.jpg

 

2017年4月4日(火) 立川市女性総合センターアイム
 
 
新年度第1回目となった東京中小企業家同友会三多摩支部の幹事会には総勢16名が参加。来る4月25日の支部総会に向けての最終調整と今後の例会づくりについて討議をするとともに、4月より泰興物産に新卒入社された丸田哲郎氏に入社祝いの花束贈呈と参加者全員スピーチが行われました。
 
report_ph_170404-01.jpgreport_ph_170404-02.jpgreport_ph_170404-03.jpg
2017年3月31日(金) 神宮前ギャラリー
 
 
武藤挺一画伯と株式会社ミューテクノ 谷口栄美子専務の手掛ける「BLOSSO」のコラボレーションによる個展が神宮前ギャラリーにて開催されました。
 
report_ph_170331-01.jpgreport_ph_170331-02.jpgreport_ph_170331-03.jpg
2017年3月16日(木) アルカディア市ヶ谷
 
 
3月16日に開催された東京中小企業家同友会定時総会では、多摩地域での新支部設立をはじめとした2017年度の総会議案が全会一致で承認されました。
 
多摩協議会(三多摩・町田・八王子)では、総会議事終了後と総会懇親パーティの際に、府中支部設立にむけた多摩エリアでの入会対象者のご紹介についてのお願いと府中支部設立にむけた意気込みを発表しました。
 
20170316-02.jpg20170316-01.jpg
2017年3月21日(火) 立川市女性総合センターアイム
 
 
3月21日に開催された東京中小企業家同友会三多摩支部3月例会では、今年度ご入会いただいた新会員を代表して仙川総合法律事務所 伊藤真樹子弁護士、(株)グローバルダイン 鍋島靖雄社長、そして三多摩支部幹事 (株)トコウ 斗光健一社長より報告をいただきました。
 
report_ph_170321-01.jpgreport_ph_170321-02.jpgreport_ph_170321-03.jpg
2017年3月15日(水) まちだ中央公民館
 
 
3月15日に開催された東京中小企業家同友会町田支部3月例会には、三多摩支部よりサニーシステム 藤井 智社長が応援参加し、町田支部例会を盛り上げました。当日は、品川支部会員の株式会社山崎商会 代表取締役社長 山崎 敦久氏を報告者に迎えて開催されました。
 
学生時代からボランティア活動にも積極的に取り組んでこられた山崎氏は、アメリカ留学でMBAを取得、その後家業を継ぐが家電業界の再編とデフレ経済のなかで苦戦を強いられる。しかし、東京中小企業家同友会に入会し、経営指針成文化セミナーを卒業、以降毎年社員と共に経営計画書を成文化、地域密着とサービス品質向上による経営戦略を貫き、成長軌道に乗せた軌跡を赤裸々に語られました。
 
report_ph_170315-01.jpgreport_ph_170315-02.jpgreport_ph_170315-03.jpg
2017年2月21日(火) 立川市女性総合センター・アイム
 
 
東京中小企業家同友会三多摩支部2月例会では「会社成長のカギは目標設定」と題して、三多摩支部新会員 (株)シーナビジネスコンサルティング 椎名美智子氏より「人を動かす言葉かけ~社員のやる気を引き出す対話力」、町田支部新会員 田村麻紀氏より「人材育成制度の導入で助成金取得にチャレンジ~セルフキャリアドック制度」について解説いただきました。
 
当日は同友会に興味関心を持たれた会員外の経営者も大勢参加され、当日1名の方より東京中小企業家同友会への入会表明があり、同友の仲間が増えました。
 
report_ph_170221-01.jpgreport_ph_170221-02.jpgreport_ph_170221-03.jpgreport_ph_170221-04.jpg
2017年2月19日(日) 青梅市
 
 
支部会員の 株式会社トコウ 斗光社長が30キロの部で参加いたしました。
 
30キロの部スタート時の天候は晴れ、気温5.5度、湿度35%、北北東の風2.3m。最高のマラソン日和でした。参加者は、30キロの部が1万3175人(完走者は1万2418人)、10キロの部が3425人(完走者は3297人)でした。
 
斗光社長 お疲れさまでした。
 
青梅市軍畑大橋沿道より応援しておりました 岡野景子。
 
report_ph_170219-01.jpgreport_ph_170219-02.jpgreport_ph_170219-03.jpgreport_ph_170219-04.jpgreport_ph_170219-05.jpg

よい会社になろう!

東京中小企業家同友会は東 京都内2100社の異業種の中 小企業家が加盟する会。オン リーワン企業・優良企業・老舗 からベンチャーまで様々な経 営者が知り合い、学び合い、 援け合い、良い会社を目指 す経営者の会です。
東京中小企業家同友会

入会資格

●企業規模の大小を問わず、中 小企業経営者およびそれに準 ずる方で、会の趣旨に賛同する 方であればどなたでもご入会い ただけます。

●入会には会員1名の推薦が必 要です。お知り合いの会員がお られない場合は事務局までご相 談ください。

●入会金は20000円、月会費は 7000円で3か月ごとの前納となっ ています。

ウェブページ