>

来たる4/19木曜日、新宿支部の2018年度年次総会が開催されます。
これに伴い、記念講演として写真家のハービー・山口さんをお招きし、お話を伺います。

幼いころから難病を抱え、孤独な幼少期を過ごしたハービー氏が初めてカメラを手にしたのは中学時代。

カメラには人の心をポジティブにする力があると知ります。

それから現在に至るまで「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」という想いをブレずに持ち続けているハービーさんの作品は、見ている方も心がふわりと柔らかく、暖かくなっていくような気がします。

大学卒業後に渡英し、劇団役者をしながら、パンクロックニューウエーブの ムーブメントにも遭遇。

なんと、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアするなどロンドンの最もエキサイティンだった時代を写真に残しました。
帰国後も布袋寅泰、福山雅治、ゆず、THE BOOM など多くの国内アーティストとのコラボレーションのかたわら、常にやさしい眼差しで市井の人々にカメラを 向け続けています。
どんな写真を撮るときも、人への憧れ、ときめきが根底にあると語るハービーさん。だからこそ、素敵な出会いに恵まれ、そしてまたそれが写真にキラキラとした輝きを与えているのでしょう

「人の心が優しくなる写真を撮りたい。」 ハービーさんが大切にする瞬間とは何か。その想いを伺います。

東京中小企業家同友会新宿支部総会

2018年4月19日木曜日 総会18:00~ 記念講演18:40~ 懇親会20:00~

講演会は参加費無料、懇親会のみ3,000円 

 

参加登録はこちらから。

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17219

 

Screenshot-2018-4-9 2018新宿総会_180322 - 17219 pdf.png

新宿支部3月例会(3月20日)は、林事務局長のお話です。来週です。

特別企画【私たちを取り巻く情勢の変化】『チェンジはチャンス2018』

探求! 未来はすでに配られている

経営環境の変化を把握し、経営に活かす。事例紹介もあって分かりやすい内容です。

是非ご参加を。お待ちしております。

3月20日(火) 18:30~21:00 東京同友会(市ヶ谷)

お申し込みはこちらから:

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17217

 

2/20火曜日、新宿支部の二月例会が開催されました。

新宿区産業振興課の太田公一課長をお招きし、区の中小企業支援策と産業振興プランなど、知っているようで全く知らない産業振興課の事業についてのお話を伺いました。

「産業振興課は、中小企業の“自発的な”活動を後押しする機関である」とのことで、企業の経営者やこれから事業を始めようとしている人たちは、「ただ助けを待っていても何も始まらない。自治体が用意してくれている支援策を自らがきちんと知って積極的に活用していかなくては勿体ない。」という事がとても良く分かるお話でした。

またお話の中では、新宿区の産業は他所に比べて多様性(業種・規模・歴史等)を持つ企業が多く存在するのが大きな特徴であるという事、今後はさらに事業環境の大きな変化が予想されること、そしてそれに伴う様々な課題に応じたこれからの産業振興プランが示されました。

参加者も、どんな支援策があり、それが自社にとってどのように役立つかを考えたり、普段直接声を届ける機会の無い産業振興課長へ地域企業としての熱い想いを伝えたり、地域と密接なつながりを持つ中小企業ならではの活発な意見が飛び交いました。

また、概ねどこの自治体でも同様の支援策があるとのことで、区外から参加された皆さんからも「早速自分たちの区でどんな支援が受けられるか調べてみたい」との声や、基本条例の制定や秋に控えたタウンミーティングのヒントを得たとの声もいただき、大変充実した例会となりました。

 

28235258_1630060443726956_7319668713276032321_o.jpg

新宿支部の二月例会は、いつもとは少し趣向を変え、新宿区産業振興課の太田公一課長をお招きして、中小企業支援と産業振興プランについてのお話を伺います。

知らないと損する自治体の中小企業支援。

企業向けの融資あっせんから、表彰制度や独自の補助金制度、商店街振興や創業・経営に関する様々な相談窓口もあります。

ちゃんと知って上手に利用すれば、企業の強い味方になること間違いなしです。

どこの自治体にもあるけど、私たちにどんな事をしてくれるのか、イマイチピンと来ない産業振興課。

新宿区以外の企業の方も聞いて損はないお話が沢山聞けると思います。

 

今回はQ&Aの時間を長めにいたします。

2020年に向けての取り組みやその他の素朴な疑問等々、また中小企業ならではの私たちの想いなど、普段お話する機会の無い自治体の担当者である太田課長にぶつけてみませんか?

沢山の皆様のご参加をお待ちしてます!

 

お申し込みはこちらから:

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17173

IMG_4394.jpg

 

株式会社白川プロ。NHKを主要顧客とする、総勢290名の「テレビニュースやドキュメンタリー番組の映像編集・音響効果、及びその関連業務」事業の会社。白川亜弥氏は取締役であり、創業者の後継者でもある。

古い体質で、改革には抵抗の大きな組織。そこに立ち向かい、現在では東京都から「ライフワークバランス」で表彰されるまでになった。その変革のプロセスを、具体的に赤裸々に語っていただく。会社を変革すること、後継者として活動すること、映像編集業界って何?、あるいは他人(他社)のゴタゴタを覗き見たい(:-)、興味のある方は、ぜひお越しを。

1/24(水) 18:30~東京同友会会議室

申込はこちらから

東京中小企業家同友会新宿支部11月の例会は、

あなたの知らない「オシゴト」の世界を紐解く、「隣の経営者シリーズ」第二弾!

報告者は 株式会社キタミ 社長の北見陽一郎さんです。

梱包・包装資材一筋82年の会社の3代目の北見さん。

日々競争が激しさを増す業界の中で、

いかに伝統を守りながらも新しい目線で販路を開拓するか、

そして謎のキーワード「やりたくないなら、やらなくてもOK」の意味するものとは!?

「あなたの知らない包装の世界」、ちょっと覗いてみませんか?

参加登録はこちらから ↓ ↓ ↓

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=16726

22851386_10212268966452358_868337347_o.jpg

表示

新宿支部文京支部合同9月例会(新宿区保健センター連携)「働く人のストレスマネジメント講座」9/13&28が盛況のうちに終わりました。

第1日目(9月13日)「職場のメンタルヘルス~問題と解決への考え方~」
第2日目(9月28日)「これからの職場のメンタルヘルス~個人と組織の活性化に向けて~」
メンタルヘルス対策の基礎と重要性、各社での状況などの意見交換を行い、「ワーク・エンゲイジメント」をキーワードに、
組織を元気にする攻めのメンタルヘルス対策を提唱している北里大学人間科学教育センター教授島津明人先生のお話
(実際のお話は、株式会社Ds’sメンタルヘルス・ラボ代表取締役原雄二郎先生)を伺いました。お話の概要は以下のサイト
にも掲載されていますので、ご参考までに。
 
新宿支部は、今後も皆さまの役に立つ例会を開催していきます。ぜひ、ご参加ください。
 
-文責:岡田資司

新宿支部の岡田です。

うつ病など精神疾患、あるいはそれに近い状態になっている社員はいませんか。気づいていますか。手遅れになってから対応しても効果は限られます。そもそも、疾病や対策、法律などについて、どの程度ご存知ですか。

意味なく怖がることも、目を背けることも間違いです。正しい知識を持ち、正しく恐れて正しく対応することが大切です。新宿支部では新宿区と連携し、「働く人のストレスマネジメント講座(経営者向け)」という例会を行います。経営者として社員の健康を守るため、会社の体質を強くするため、ストレスマネジメント、特にメンタルヘルスについて考えてみませんか。

2回シリーズですが、1回だけの参加でも結構です。ご参加をお待ちしております。

タイトル 「働く人のストレスマネジメント講座(経営者向け)」~社員が元気!会社が元気!メンタルヘルス対策でイキイキ経営~

日時:平成29年9月13日(水)、28日(木) 18:30~21:00

場所:四谷保健センター 3階講堂

1日目:気づきの日、区の体制(経営者が何を頼れるのかどう役に立つのか)を知る日

2日目:ポジティブに取り組もうということで、北里大学教授島津明人先生の講義を中心に

お申し込みはこちら:

1日目:

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=16648

2日目:

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=16649

以上、お待ちしております。

 

-新宿支部 岡田資司

 みなさん、もうすでにコートは出されましたか。

 私、昨シーズにコートを出したのは今年の1月と記憶しています(昨年ではなく今年です)。それがいったいどうして、今年はもうすでにコートを早々とこの11月に出してしまいました。今年は寒暖差が激しいですね。

 寒い日が続くと、恋しくなるのがお鍋やおちゃけでございます。

 ということで毎年恒例の新宿支部忘年会。今年は文京支部との合同で開催をいたします。

 場所は新宿にて。お料理は土佐料理。ワラ焼きのかつおが美味しくいただける居酒屋です。ぜひぜひみなさんご参加くださいませ。

--

新宿支部・文京支部合同忘年会&幹事会

日時 : 2016年12月06日(月)19時00分~21時00分
費用 : 6000円
場所 : 土佐料理「わらやき屋」

     高知料理・かつを・土佐はちきん地鶏
     わらやき屋 新宿

     新宿区新宿3-15-11 アドホック新宿ビル8F
     ※新宿伊勢丹の裏。靖国通り沿い

     http://r.gnavi.co.jp/gmtu28zg0000/?sc_lid=scl_sbtn_ml

tdy_bonen2016.jpg

▼ 例会登録システムはコチラ ▼
http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=14558

--

 今年も景気よく納めて行きたいですね。

 お会いできることを楽しみにしています。

景気ウォッチャー調査

| コメント(0) | トラックバック(0)

内閣府が「景気ウォッチャー調査」という全国にわたる毎月行っています。

この調査、数字だけが並ぶ調査とはちょっと違います。

売り場の店員さん、タクシー運転手さんなど経済の現場に立つ方々の声を収集しているんですね。サービスがやりとりされる現場の景気観が「生の声」で記載されているのが有り難い。

自分の関係のある地域だけ読んでもよし、北海道と沖縄を見比べてもよし。眺めてみてください。現場の声を挙げている人はコロコロ変わらないように配慮がなされていると伝え聞いています。定期的に読んでいると、気になって来る人もでてくるかも。

また数値の調査結果も記されます。ここは、大きく2つ に分かれます。

1.現在の景気
2.今後の景気(2から3ヶ月先 と直近 )

数値は 低 1~高 100 までの数値景気を測っています。
50が横ばいの目安となっているので、前月比でプラスかマイナスの傾向がわかります。

毎月上旬 (8日前後)に最新調査がアップロードされます。
ぜひご覧なってみください:

内閣府(景気ウォッチャー調査) http://goo.gl/Bdl0W

よい会社になろう!

東京中小企業家同友会は東 京都内2100社の異業種の中 小企業家が加盟する会。オン リーワン企業・優良企業・老舗 からベンチャーまで様々な経 営者が知り合い、学び合い、 援け合い、良い会社を目指 す経営者の会です。
東京中小企業家同友会

入会資格

●企業規模の大小を問わず、中 小企業経営者およびそれに準 ずる方で、会の趣旨に賛同する 方であればどなたでもご入会い ただけます。

●入会には会員1名の推薦が必 要です。お知り合いの会員がお られない場合は事務局までご相 談ください。

●入会金は20000円、月会費は 7000円で3か月ごとの前納となっ ています。