杉並支部のブログです

女性が来て楽しめる例会作り ~杉並支部3月例会報告~

| コメント(0)

3/21に杉並支部3月例会が開催され、幹事をされた田崎社長に例会の様子をご報告いただきました(^^)/

 

東京中小企業家同友会杉並支部3月例会について
                                               株式会社サークルテクノス
田崎  和人  
             
今回報告をして頂いた株式会社吉村 橋本久美子社長とは経営指針を創る会で、私のグループのサポートをして下さるグループ長として半年間お世話になった経緯がありその時からスキルの高さや行動力、包容力、明るさに感銘を受けて居ました。
丁度杉並支部幹事会で『女性が来て楽しめる例会作り』を標榜して実践していた最中で、年度末の例会は橋本社長以外に考えられないと思い登壇をお願いしました。
 
橋本社長は同友会の各所で講演をされており会議術やコミュニケーション術等メソッドを駆使した社内改善には定評があり人気を博しています。ですが今回は敢えてメソッドやHOW TOではなく『橋本社長そのまま』を余す所なくお話し頂きたいとお願いしました。
 
杉並支部はフリーの経営者の方も多くまた女性会員の比率は東京支部内NO1です。
 
組織の活性化もいいのですが橋本社長がどの様な理由でそのメソッドを取入れる様になったかを知った方が今の杉並支部にはピッタリ来る様に感じ、ご自身の半生を語って頂く事で勇気や明るさを届けて欲しいとお願いした所『自分自身の話をするのはやった事がない』との事でしたが快諾戴きました。
お話を伺うと想像していたものを遥かに超える壮絶経営体験の宝庫。そして橋本さんの行動力の結晶の様なエピソードの数々。『プランから社員を巻き込む』を標榜されてる橋本さんの素晴らしい行動力が際立っていました。理屈を捏ねて『やらない理由』を探し出す事が多い中でその頭抜けた行動姿勢が色々なものを変化させていく過程はまさにドラマ。
 
そこで報告のタイトルを『動きもしないで出来ないなんて言うな!女性経営者の挑戦人生訓!』としました。
例会当日は寒の戻りに加え冷たい雨が降る中で36名もの方がご参加戴き遠くは富山からはるばる駆け付けてくれた方もいらっしゃいました。同友会会員だけでなく会外からも多数エントリー戴き大いに盛り上がりました。厳しい時のお話を明るく笑顔で語って下さる橋本社長。その中に於いても『物を売るのではなく人が買う視点からの戦略を練る』事や『短所を長所に強引に変えていく』事、『経営者は心のハンドルをしっかり握る事』など金言を沢山散りばめて戴き笑いあり感動ありの素晴らしい講演となりました。
 
 
講演後はグループワークを実施し『短所を長所に変える』を参加者全員で実施。様々な気付きや学びを得ました。
恒例の懇意会は24名もの方に出席頂き杉並支部会員のお店阿佐ヶ谷のWILCOというイタリアンレストランで盛大に行われました。例会の明るさそのままに遅くまで会話に華が咲き大成功の例会となりました。橋本社長をはじめご参加下さった他支部、会外の方々本当に有難う御座いました。『次も来てもらえる杉並支部例会』を目指して今後ともより質の高い為になる例会作りをしていきたいと思います。
 
 
IMG_3104.JPG
3月例会.png
 
 
 
 
 
****************************
 
懇親会会場は、杉並支部新会員・岩井社長のお店「WILCO(ウィルコ)阿佐ヶ谷駅北口すぐ
夜だけでなく、ランチもとっても美味しいそうです♪
 
ウィルコ.png
 
 
****************************
 

4月24日は、杉並支部総会 開催!

社会福祉法人いたるセンター理事長、株式会社大村湾リゾート社長の 谷山哲浩 氏に 
島を買った経営者
~何もないことに価値がある  自立支援のための無人島リゾート経営へ~
 
と題しましてご講演いただけることになりました。
皆さま奮ってご参加ください!
 
【参加申し込み】例会登録システムはこちら
 
4.png
 
 
(写真は幹事会で谷山社長と内容を検討している様子)
17555016_1302047239880595_1055690669_n.jpg17580143_1302047236547262_1372071097_n.jpg
 
 
 
 
 

コメントする

このブログ記事について

このページは、杉並支部が2017年3月29日 10:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 【祝】杉並支部会員株式会社オアシスが杉並区子育て優良事業者として「優良賞」を受賞」です。

次のブログ記事は「杉並支部新会員のご紹介 ~株式会社エクレアラボ様~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。