理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第7回 理事会だより(10月14日)

日時 10月14日(火) 午後6時~8時半
会場 東京同友会事務所会議室
議長 村松理事
出席 22名
開会あいさつ 井上代表理事

□報告事項
1、会務報告・報告事務局長(9/9理事会以降)
 松林事務局長より、9月の入会、退会、会員数の推移、中同協・対外活動、支部・委員会・部会活動報告。期首1994名 9月末1998名(プラス4名)
2、10/2~3全国女性部交流会(於・大阪)について
 松林事務局長より全国から790名、東京より12名参加。第2分科会の林良江氏(大田支部)の報告は感動を呼んだと報告。
3、2004年度東京都中小企業関係予算要望:都議会各党との懇談
 三宅副代表理事より10月8日に公明党、民主党、共産党、14日に自民党と懇談し、同友会の提言を伝えたことについて報告。
4、2005共同求人活動について
 町田理事・共同求人委員長より、今年度の活動の特徴及び新年度の活動方針について報告提案がありました。また、新年度の共同求人委員長として小暮恭一氏((株)エム・ソフト社長)に交代すると報告があり、活動方針及び委員長交代について了承しました。


□承認事項
1、9月の入会者の承認 21名 議長より提案承認。


□議題
1、会員増強月間及び第12回東京経営研究集会の進捗状況について
 湯本副代表理事より10月~11月増強月間についての取り組み状況と各支部での目標達成についての訴えがありました。また、いち早く目標を達成した豊島支部の紹介がされました。水戸部実行委員長からは、研究集会の準備状況が報告され、各支部の参加目標についてあらためて30%の要請がされました。
 討議では、あと一カ月に迫った研究集会の成功をめざすための活発な意見・提案がされ、理事会上げての目標達成を確認しました。
2、新会員オリエンテーション「必須受講」と支部での対応について
 古仲副代表理事より、現状の新会員オリエンテーションを見直し、(1)退会をおさえ会員の定着をはかる(2)新会員に同友会の理念や原点を理解していただく、ことなどを中心にした改革案が提案されました。討議では、いかに会員相互の結びつきを強め、会員の定着をはかるかについて活発な意見が出されました。出された意見をもとにさらに案を練り上げていくことを確認しました。
3、東京同友会第51回定時総会の開催構想について
 森副代表理事より、第51回定時総会の併設イベントとして「同友会ビジネスフェア」を開催したいと提案がありました。イベントの主な内容は、(1)新しい産官学交流の場としての「ビジネスフェア(仮称)」(2)行政や大学(産官学)を巻き込んでの企画作り(3)各地の産官学交流などの事例に学ぶ。(4)全国の会員に呼びかけ大きなネットワーク交流の機会とする。(5)早急にプロジェクトを立ち上げて準備をすすめる。というもので、討議では「ぜひすすめよう」との賛同の意見が大勢を占めましたが、準備期間や時期、総会との関係で危惧する意見も出されました。
 結果、提案された方向で準備をすすめていくことを確認しました。
4、その他
 (1)2004年度役員選考に関する報告
 宇佐見理事より10月10日に開催された内容について報告がありました。今後の役員選考スケジュール等確認しました。
 (2)次回理事会 11月11日(火)午後6時 確認
 (3)ハワイ支部で初めての例会が開催されるとの報告が板橋理事より報告がありました。


閉会あいさつ 後藤代表理事

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部
7月20日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏