理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第10回 理事会だより(1月11日)

 

日時:1月11日(火) 午後6時~8時半
会場:東京同友会事務所会議室
議長:湯本副代表理事
出席:(敬称略・順不同)後藤(品川)、湯本(大田)、三宅(中央区)、藤田(新宿)、松永(千代田)、佐々木(渋谷)、板橋(渋谷)、中山(杉並)、矢倉(目黒)、猿渡(大田)、菅沼(大田)、池田(品川)、五嶋(北)、河原(豊島)、阿部(練馬)、水戸部(台東)、小暮(台東)、藤浦(台東)、菅野(荒川)、吉田(葛飾)、藤浦(江戸川)、御母衣(江戸川)、松林(墨田)、鴈野(台東・オブ)、松林(事務局)以上25名、金刺、林、下山、米田、荻原(事務局)6名。(オブ=オブザーバー)

開会あいさつ 後藤代表理事

 


□報告事項
1、会務報告・報告事務局長(12/14理事会以降)12月入会数66名、退会数62名、会員数推移、中同協・対外活動、支部・委員会・部会活動を報告。期首1998名、12月末会員数2062名(プラス64名)。

 

□承認事項
1、12月入会者66名を承認。

 

□議題
1、公的信用保証制度の縮小問題および東京信用保証協会との懇談会
 水戸部理事より、昨年12月1日に行われた第4回目となる東京信用保証協会との懇談会報告。懇談会報告書は公開議事録として会員に報告することを確認。昨年12月の理事会で反対を確認した信用保証制度の縮小問題について、(1)「信用保証制度改悪に反対する声明」について関係機関への申し入れ、記者発表を行うこと(2)そのための緊急アンケートの実施、について提案を受け審議。反対声明についてはいくつかの字句上の訂正を行うことを確認し了承。
2、昨年の活動のまとめと新年度重点課題
 事前のフォーマットによる各理事からの報告と討論。主な討議のテーマは下記に。
(1)会員の定着とフォローをどうすすめるか。
(2)小支部の活動と協議会の活動
(3)若手経営者の活動支援
(4)会員の要望に応える委員会・部会活動の重要性
3、当面の行事および第52回定時総会の準備
1)2005年新年賀詞交歓会及び「古希を祝う会」
 矢倉理事・目黒支部長より、500名をめざして各支部の参加呼びかけをさらに広めることの訴え。阿部理事・広報部長より「古希を祝う会」当日参加は50名を超えること、当日の進行など報告。
2)2/17~18第35回中小企業問題全国研究集会
 事務局長より現在目標60名に対し22名と少なく、震災を乗り越えたくましく発展する新潟同友会への応援も含め、理事の参加を始め役員・会員に参加呼びかけを広げていただきたいと訴え。
3)第52回定時総会の企画運営
 松永副代表理事・総会企画運営委員長より、当日開催の第2回総会企画運営委員会報告。総会は1部総会議事、2部同友オブ・ザ・イヤー、3部記念講演、4部懇親会、記念講演講師は土井章弘氏(岡山旭東病院・岡山同友会代表理事)に決定。同友オブ・ザ・イヤーは、全支部・委員会が参加する内容とする。全支部・委員会の企画や内容について各支部・委員会から提出された内容をA3裏表でまとめて総会参加者に配布。第一次審査で総会参加者全員が3票投票。第一次審査で選ばれた支部・委員会で最優秀・優秀を決める。以上了承。
4)第27期経営指針成文化セミナーの実施
 猿渡理事・経営労働委員長より、2月から実施のセミナーは参加14名。さらに各支部で参加者を広げていただきたいと訴え。
4、その他
1)東京三菱銀行との提携融資スキーム
 藤田副代表理事より、東京三菱銀行と東京同友会との提携融資スキームの取り組みをすすめ別途提案内容を紹介し了承。内容については「月刊中小企業家」等で会員へ知らせていくことを確認。
2)次回第11回理事会:2月15日(火)午後6時:東京同友会事務所会議室

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部・西部協議会
11月2日(木)
第12期 販売塾
大好評です!!ロングランで...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏及びコンサルタント連合『青藍会』の強力講師陣
渋谷支部
10月19日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏