理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第9回 理事会だより(12月13日)

 

日 時  12月13日(火) 午後6時~8時
会 場  東京同友会事務所会議室
議 長  猿渡理事
出 席  (敬称略・順不同)後藤、三宅、湯本、藤田、松永、五嶋、阿部、水戸部、小泉、藤浦、猿渡、鴈野、望月、茂木、黒田、村井、松本、古仲、松本、松尾、奥長、佐久間、手塚、中山、池田、北山、内海、千葉島岡、藤浦、吉田、宮本、松林以上33名、林次長

開会あいさつ 後藤代表理事

 

□報告事項
1、会務報告 事務局長(11/15理事会以降)
 11月の入会数169名、退会数6名、期首会員数2039名、11月末会員数2272名(純増201名)、対外活動、講師派遣、11月開催の支部、委員会・部会等行事の報告。
2、各委員会からの報告について:各委員長
 奥長理事・経営労働委員会より2006年1月23日から開講する第28期経営指針成文化セミナーについての参加の訴え。
3、第14回東京経営研究集会報告
 松林事務局長より収支報告がされ了承。
4、第1回中小企業憲章推進本部(11/17)報告
 水戸部理事より次回は2006年1月18日予定、全支部からの出席を要請。
5、東京信用保証協会との懇談会(12/5)報告
 事業承継における個人保証についての大きな改善がはかられること。特定社債保証の条件緩和について従来の3億円から1億円程度に来年度から緩和されることになることなどここ数年の要望の実現がはかられたと報告。

 

□承認事項
1、11月の入会者の承認 169名、議長より提案され承認

 

□議題
1、2300名会員達成をめざす会員増強月間の結果及び表彰
 冒頭後藤代表理事より、増強月間成功のお礼があり、小泉組織部長からは増強月間では236名の新会員を迎え、期首2039名から目標の2200名を上回り2272名に到達したのをはじめ増強月間の特徴と成果を報告。
 表彰では、協議会対抗戦、支部表彰:伸び数の部:増強率の部、要請目標達成支部、各個人賞について湯本副代表理事より紹介。
 また、年明けの新春賀詞交歓会では、新会員の歓迎と交流を兼ねた企画として開催することを確認。
2、2006新年賀詞交換会について
 五嶋副代表理事より、1月25日に開催される新春大賀詞交歓会の企画内容が報告され、新会員を温かく迎え入れる企画でもあり、各支部から参加をお願いしたいと訴え。
3、第36回中小企業問題全国研究集会(兵庫)
 湯本副代表理事より、全国から積極的に学ぶ機会であり、参加の訴え。
4、準会員制度(2003年度よりスタート)についての運用規定の確認と提案
 大田支部内海支部長より、同支部会員の準会員についての扱いについて確認と提案。
 討議の結果、提案を了解し、同支部会員の準会員の適用を確認、出された問題は今後ルールの見直しや規定の検討などについて必要な討議を行うことを確認。
5、その他
(1)2006年度第15回東京経営研究集会の開催
(2)次回第10回理事会:2006年1月17日(火)午後6時:同友会
(3)西部協大例会についてのPR 小泉理事より。

閉会あいさつ:理事会終了後会場を移して「祝勝会・慰労会」が行われ交流をはかった。

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部
7月20日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏