理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第4回 理事会だより(6月12日)

 

日 時  6月12日(火) 午後6時~8時半
会 場  東京同友会事務所会議室
議 長  藤田副代表理事
出 席  (敬称略・順不同)湯本、藤田、小泉、湯野川、水戸部、阿部、矢倉、市原、望月、鴈野、村井、山谷、茂木、栗田、仲田、向出、田川、手塚、中山、古仲、藤波、内海、池田、千葉、土田、内田、藤浦、菅野、吉田、小柳、松林、鈴木、太田、以上33名、事務局 林、米田、大西、高橋、岩本の5名

開会あいさつ 湯本代表理事



報告事項

  1. 会務報告・報告事務局長(5/15理事会以降)
     5月の入会数24名、5月の退会数18名、期首会員数2143名、5月末会員数2144名(プラス1名)、中同協、対外活動、マスコミ報道、5月行事等。
  2. 東京同友会事業協同組合総会(5/15)報告
     山谷理事・協同組合理事長より、5月15日に池袋「かんぽヘルスプラザ」で開催し理事9名、監事2名の選出を行なったのをはじめ、理事長には山谷氏、また、長年専務理事として組合の発展に務めた桐谷が退任し、新たに専務理事・事務局長に岩本を選任したと報告。
  3. 中同協全国幹事会の報告(6/4)湯本代表理事より主要議題について報告。 

各分野の活動報告・交流(各1分程度)新理事に就任された方々よりこの間の活動報告

 

承認事項 

  1. 5月の入会者の承認24名 議長より提案され承認
  2. 功労会員の推薦 台東支部 星野輝夫氏(新協建設工業(株))事務局長より同氏からの申請書並びに経歴が紹介され承認。
  3. 理事の選考に関する報告と理事の退任について 
      阿部役員選考委員長の報告と提案にもとづき青年部新部長太田淳氏を理事承認。鴈野聡氏の理事退任を承認。
  4. 東京の中小企業の現状(サービス業編)作成検討委員派遣について
     事務局長より委員について水戸部理事・政策部長を推薦したいとの提案を承認。
  5. 後援名義使用(2件)
      1)東京都教育委員会教育長からの後援名義依頼について
        望月理事及び事務局長より報告があり、上記の依頼を承認。
      2)「消費から見た47都道府県の県民性」「選ばれる大企業・捨てられる大企業」出版記念セミナーについて 事務局長より報告があり、上記を承認。

 

議題

  1. 第12回女性経営者全国交流会を終えて
     事務局林次長より当日の参加合計776名、また、アンケート集計結果について報告。湯野川副代表理事・女性部副部長より「各支部の皆様ご協力大変ありがとうございました。非常に学びの多い交流会となりました。」とお礼のあいさつ。参加した理事から感想報告。全体としては、活気に満ちた交流会となり分科会や記念講演などレベルの高い学びの場となったことを確認。  矢倉理事・組織部長より4月に開催された支部
  2. 支部長一泊研修と支部ビジョン
     矢倉理事・組織部長より今年のベスト支部ビジョンには昨年に続き三多摩支部が選ばれましたこと。同支部方針の町田、八王子の支部設立を応援したいと報告。大阪同友会の堂上代表理事の講演も大変分かりやすく、同同友会の例会マニュアルもぜひ参考にしたいと報告。
  3. 第16回東京経営研究集会実行委員会より
     鈴木実行委員長より5月25日に開催された第5回実行委員会の内容を中心に全体会、分科会、「交流プラザ」の企画を報告。池田理事・品川支部長が全体会の劇のポスターについて説明。藤波理事・世田谷支部長が分科会の取りまとめ状況を報告。  協賛金について活発に討議、湯本代表の「今回の16研がめざしている方向や志は悪いものではないと思っています。私たちが社会に向かって窓を開くわけですから、学生や社会人に喜んできていただき私たちの考え方を伝えていくことが必要です。そのためには、私たちが費用の一部を担っていくことが必要です。支部の会員の方々をはじめ、多くの方々と共有し、なぜ私たちがこういうことをやるのか議論し合って16研がめざすものをご尽力いただきたい。」と表明があり、議長が実行委員会提案の「協賛金方式ですすめる」ことを提案し満場の拍手で確認。
  4. 「中小企業を誇りに思える社会に」中小企業憲章スライドを上映。支部等での活用を確認。
  5. その他
    (1)第39回中同協定時総会(7/5~6高松)の参加状況
    (2)次回第5回理事会:7月10日(火)午後6時:同友会 確認

閉会あいさつ 小泉副代表理事 



 

 

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部
7月20日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏