理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第10回理事会だより(1月15日)

 

日 時  1月15日(火) 午後6時~9時
会 場  東京同友会事務所会議室
議 長  柿島理事
出 席  (敬称略・順不同)藤田、三木、内田、三宅、柿島、大橋、小暮、土田、佐々木、三鴨、向出、別府、阿部、藤井、原、遠藤、松本、齊藤、中島、栗山、橋本、奥長、林、宇佐見、深澤、藤波、佃、小柴、荒井、城、太田、川端、 千葉、梁本、齊藤、齋藤、片岡、岩上、岡野、大澤、松林、林(隆)、星出、以上42 名  事務局 大西、米田

 

開会あいさつ 藤田代表理事

 

報告事項

  1. 会務報告・報告事務局長(12 月11 日理事会以降)
     12 月のDOR 景況調査報告。12月入会28 名、退会51 名、12 月末会員数1989 名、期首2021 名より32 名減、中同協・対外活動、12 月の行事報告、幹事会の報告。
    年始回り18 箇所について報告。
  2. 中同協新春幹事会報告松林事務局長が報告
  3. 各委員会・部からの報告・お願い
    1)共同求人委員会: 佐々木理事が2014 年度共同求人参加企業募集要項について説明し、共同求人活動への参加を要請2)経営労働委員会: 土田理事が今年より事業承継基礎講座を開催すると報告。
    2)経営労働委員会: 土田理事が今年より事業承継基礎講座を開催すると報告。
    3)青年部: 星出氏が青年部は青全交をやるにあたって同友会理念を学ぼうとしている。1 月は奥長氏にお願いしている。総会では青年部を意識してもらうために、外部の方をお呼びすると報告。
    4)障害者委員会: 三鴨氏が今年も区立永福学園生徒の職場実習体験をお願いしたいと報告。
    5)組織部長: 三木理事が年度末までの増強について議題として取り上げていただきたいと提案。拍手で承認。
    6)青全交プロジェクト: 別府理事が12 月14 日実行委員会でスローガンと講師を決めさせていただいた。スローガンは武士響創で世界に発展できる中小企業をつくろうと力強く語っていく。全支部から実行委員を出すことができた。1 月30 日に京王プラザホテルで実行委員会を開催する。9 月12・13 日にはぜひご予定いただきたい。
    7)事務局長の交代と松林局長の処遇について藤田代表理事が前回理事会で出された質問について報告しました。 
    ① 事務局長の任期について、② 事務局長が病気になった場合などの対応はどうか。
    ③事務局の活動指針は毎年理事会に発表していただきたい。以上について報告。
      次に藤田代表理事が松林事務局長の定年にともなうその後の処遇について第8 回総務会後の了解にもとづき報告。定年後の職務は豊富な経験を活かし、事務局(長)の補佐・相談役として、新しい事務局体制の安定と発展に貢献する。事務局長に関わる業務の実務的な引継ぎを行う。行政や他団体など対外的な折衝や交渉を担う。また、中同協業務については一部継続的に代行しつつ徐々に新体制に引き継ぐ。その他。
      位置づけと職務名称は東京同友会理事、名称は専任理事。任期は一年ごと更新。専任理事は理事会等必要な会議に出席する。
    総務会議は必要に応じて出席する。以上について報告。

 

承認事項 

  1. 12 月の入会者の承認 28 名 拍手で承認

 

議題

  1. 新年賀詞交歓会にむけて
     千葉理事・北部協議会議長が今日の時点で273 名の参加を得られている。北部協議会としては300 名を超えて成功させたい、と報告。阿部理事が古希を祝う会は現在58名と近代にない盛大な祝う会となると報告。
  2. 定時総会にむけて
     藤田代表理事が定時総会議案2012 年度活動のまとめ、2013 年度活動方針、第一次案について提案しました。林新事務局長が補足説明を行いました。この中で、① 理事の皆様より意見をいただき第二次案にまとめます。② 中小企業を取り巻く情勢案については第7 次ビジョンの情勢部分をもとにコンパクトにまとめます。③ 総会決議案については1 月の議案起草委員会で検討し出来次第お送りします。と説明。
     議案に対する意見や提案が活発に出されました。
  3. 政策渉外本部からのお願い
     三宅理事が「民法を考える」シンポジウムについて日本弁護士連合会との交渉から、全国組織から申し込みが欲しいと、中同協鋤柄氏の名前でだしたが、実質的には同友会が主体となる。今後中小企業4 団体にそれぞれ回り、民法を皆で考えませんかと訴えてくる。
    約200 のキャパシティがあるが東京と周辺の同友会でいっぱいにしたい。と報告。
  4. 年度末までの会員増強について
      三木理事が3 月22 日までには2021 名の期首を越えましょう。すでに目標を達成した5 支部が実践している。これを実践すれば期首回復は不可能ではない、と報告
  5. 第43 回中小企業問題全国研究集会(於福岡)
      別府理事・中同協3 大行事。東京から多くの方が参加しないと、懇親会の時にはPRもあると思うのでご協力をお願いしたい。
  6. その他 
     ①広報部内田理事が月刊中小企業家で区長取材、東京同友会の認知度をあげるためにも区長と語るシリーズを掲載する。取材に関しては各区の支部長にご協力をいただきたい。
     ②次回理事会2月12日(火)午後2時 ~4時30分同友会会議室
     

閉会あいさつ 三宅理事

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部
7月20日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏