理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第11回理事会だより(2月12日)

 

日 時  2月12日(火) 午後2時~4時30分
会 場  東京同友会事務所会議室
議 長  小柳副代表理事
出 席  (敬称略・順不同)藤田、小柳、別府、齋藤、三木、橋本、奥長、古仲、三宅、中島、向出、荒井、角田、柿島、川端、齋藤、宇佐見、鈴木、岡野、城、福田、齋藤、関根、内田、阿部、速水、森永、木村、三鴨、千葉、太田、
佐々木、河原、大塚、倉澤、松林、 以上36 名  事務局 大西、米田

 

開会あいさつ 藤田代表理事

 

報告事項

  1. 会務報告・報告 大西事務局次長(1 月15 日理事会以降)
     1 月の入会者15 名。退会者9 名。1 月31日現在会員数1995 名。中同協、対外活動1 月8 日〜2 月8 日までの行事。支部委員会行事。役員会。
  2. 各委員会・部からの報告・お願い
      
    ・共育特別講座2 月20 日大野経営労働委員長の講演参加協力について 大西事務局次長
    ・よい会社づくり入門講座 2 月15 日開催。参加者募集中(経営労働委員会)。次期の経営指針成文化セミナーの定員を40 名とした。奥長理事
    ・青年部報告 高橋青年部幹事 1 月例会24 名の参加。幹事会では青全交(青年経営者全国交流会)
    分科会の話し合いを進めている。福岡全研へは青年部から9 名、あいち青年同友会合同例会は10名が参加予定。
  3. 青全交プロジェクト報告 別府理事
     東京同友会での参加ムードを盛り上げていくために① 4 月支部総会に実行委員会が訪問し参加を呼びかけ。②支部幹事会で実行委員会から会議の報告と論議を。③目標達成には支部会員25% の参加が必要。支部としてこの目標に近い参加目標をぜひ掲げていただきたい。 ④特に若手経営者、二代目、後継者、会員外の経営者を含めこの青全交をうまく活用していただき会員増強にもつなげていただきたい。⑥宣伝ツールとして、名刺、ポスター、パンフレットなどを制作。などについてお願い。
  4. 東日本復興シンポジウムについて 鈴木副代表理事
     3 月7 日に中同協主催で震災復興支援シンポジウムを福島で開催。現在10 名できれば20 名のご参加をいただきたい。2 日目は放射能が近づけなかった相双地区などへの視察もある。
  5. 新年賀詞交歓会について 千葉理事 
     皆様のご協力も得て全体で326 名の参加で終えることができた。古希を祝う会には総勢60 名。新オリも行えた。山田監督の講演で我々は大変よい勉強ができたと思う。
  6. 第43 回中小企業問題全国研究集会(於 福岡)松林氏・別府理事
     東京の目標40 名に対し38 名で参加。1日目の夜には青全交のPR もある。
  7. その他 
    ①全国行事への参加についての各支部の補助の状況 大西事務局次長
    ②第7 次中期ビジョンと簡易版完成 古仲副代表理事
     今日の資料は7 次ビジョンを簡略化したもの。非常に手間がかかったが、最終的には事務局で作成した。
    内容については昨年の理事会で討議し既に承認済。
    月刊誌3 月号に掲載。

 

承認事項 

  1. 1 月の入会者の承認  大西次長 入会者15 名。
    規約に照らし特に問題なし。拍手で承認
  2. 松林前事務局長の今後の処遇についての提案 
     柿島理事が、前回理事会で報告をさせていただいたが、松林さんの専任理事提案について承認の確認がなかったとの指摘を受け、今回再度承認事項として提案。質疑応答を行い、拍手で承認。

 

議題

  1. 第60 回定時総会にむけての準備   
    ①企画委員会の進行状況 鈴木副代表
     申し込みは目標200 名に対し現在62 名。参加促進を。理事会前に企画運営委員会を開催しスケジュール等の最終確認を行ったことを報告。
    ② 2012 年度活動のまとめ案 第2 次案提案 藤田代表理事
    ③ 2013 年度活動方針案 第2 次案提案 藤田代表理事
     ②③について藤田代表理事より提案。前回の理事会及び5 名の理事から出された意見を加えて、2 次案を作成。委員長等からいただいたものは直接加筆して提案。
    ④ 2013 年度総会決議案の提案 三宅理事  三宅理事より別紙決議案を読み上げ提案。
    ⑤ 2012 年度決算と2013 年度予算案  柿島財務部長 
     2050 名の予算に対し期末会員1989 名と大変厳しい状況。会費500 万円の収入不足を事務局の人件費で調整し、何とか130 万の赤字で繰越金
    を残せた。2013 年度予算は2000 名で作成。費用では増強費を増額した。
    ①〜⑤について一括討議し、必要な調整を行うことを前提拍手で承認し総会へ提案することを確認
    ⑤役員選考委員会報告 千葉理事
     定数は60 名程度になる。理事の立候補の受付は3 月1日から11日まで¨
    ⑥年間スケジュール案 大西事務局次長
     理事会の開始時間については第1 回理事会で新理事の意向を聞いて変更する可能性がある。
  2. 会員増強について(第3 回組織部会にむけて)三木組織部長
    ①第3 回組織部会と各支部年度末にむけて増強の進捗
     総会までに期首回復を目指したい。2 月19 日の大組織部会では支部ごとに退会者の分析を行い、
    グループ討論を予定。青全交の実行委員数を見て支部の取組みに温度差を感じる。大支部で1・2 名のところもあり、年齢等は関係ないので、大きな支部は25% に見合った実行委員数を出していただきたい。目標達成支部より一言発言
  3. 民法改正を考えるシンポジウムの成功をめざして 三宅理事
     2 月28 日にシンポジウムを開催する。商工会議所をはじめ、ブザーバーで参加をしていただく。民法改正の内容について、分かりやすく解説文を書いた。ここでは第三者保証と経営者保証で、連帯保証と個人補償を云っている。株式の公正さは確保されているか。法務省に大きな影響を与えて配慮された内容になっている。大企業と中小企業の格差排除は経団連を除く中小企業団体は良いとの方向で動いている。もし100 年続く民法を変えていけば、会内外にも良い影響を与えると思われる。
  4. 第45 回中同協定時総会(2013 年7 月11日〜12日於宮崎)松林専任理事
     第3 分科会「経営指針の成文化と実践運動」で報告者に河原八洋氏㈱ローヤルエンジニアリング代表取締役・理事、座長に奥長弘三氏( 有) コンサルタント朋友代表取締役・理事を推薦
  5. 21 研 南部協議会 荒井
     2014 年開催の21 研を南部協議会で準備中。実行委員会は2013年夏に立ち上げる。会場は大井町きゅりあんを予定。都合により11 月上旬の開催となることを提案。承認。43 回中小企業問題全国研究集会(於福岡)
     

閉会あいさつ 古仲副代表理事

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部・西部協議会
11月2日(木)
第12期 販売塾
大好評です!!ロングランで...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏及びコンサルタント連合『青藍会』の強力講師陣
渋谷支部
10月19日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏