理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第5回理事会だより(7月14日)

 

日 時  7月14日(火)午後6時~ 8時30分 
会 場  東京同友会会議室
議 長  三木組織部長
出 席 
(敬称略)代表理事:三宅・浜野、副代表理事:鈴木・小柳、広報部長:内田、組織部長:三木、政策・渉外本部 政策担当理事:佐々木、財務部長:城、教育委員長(台東支部長):佐々木、中同協求人担当常任幹事:小暮、経営労働委員長:木村、障害者委員長:三鴨、エコ委員長:向出、青年部長:武藤、情報化PJ 座長:遠藤、千代田支部長:米田、中央区支部長:藤原、港支部長:齊藤、都心協議長:中島、渋谷支部長:橋本、文京支部長:新井、中野支部長:関根、杉並支部長:渡辺、西部協議長:松本、世田谷支部長:日野、品川支部長:小柴、南部協議長:山崎、北支部長:遠山、板橋支部長:太田、豊島支部長:川端、練馬支部長:福田、足立支部長:久保木、葛飾支部長:小田、江戸川支部長:皆越、墨田支部長:磯部、東部協議長:齋藤、事務局長:林、事務局:大西・高橋・岩本
 
開会挨拶 浜野代表理事より

報告事項

  1. 会務報告 林事務局長より
     記者懇談会が定着。連合との懇談会、労使見解に注目。
  2. ネパール大地震義援金 林事務局長より
     募金金額709,245 円。月内にネパール大使館に寄付。
  3. 各委員会・部からの報告
    ・木村経営労働委員長より
     中同協発行「経営指針作成の手引き」改訂中。
    ・佐々木政策渉外本部政策担当理事より
     8/24 に西武信金理事長の例会を開催。 
    ・武藤青年部長より
     9/10-11 青年経営者全国交流会(山梨)は参加目標40 名。参加費補助を支部幹事会で検討してほしい。
    ・城財務部長より
     会費滞納者・未収金の状況と指針を報告。
     同友会は公益法人会計を使用。未収金は前年度比で大幅減少。

承認事項 

  1. 6月の入会者の承認
     入会者26 名を承認。

討議事項 

  1. 第22 回東京経営研究集会 
     齋藤実行委員長より
     記念講演チケット500枚作成。7月実行委員会でグループ長研修を実施。現在209名の参加登録。早期500 名達成に協力を。
  2. 〔前月申し送り事項〕入会金補助について
     三宅代表理事より
     「1991 年支部財政活動の自主的で活力ある発展のための申し合わせ」では支部の主体性を重視。入会金補助については来年の定
    時総会まで現状のままとし、代表理事と財務部長で検討し来期方針案の中で方向性を提案する。
  3. HPの改善について
     遠藤情報化プロジェクト座長より
     広報部とも連携し情報共有を検討中。
  4. 第一の柱「よい会社・よい経営者になるための活動」に関する議題
     佐々木教育委員長より
     「教育委員会の目指すもの」を説明。よい会社の実現には人を生かす経営が不可欠。共育ちの理念、経営者自らが先頭に立って社員教育に取り組むことが重要。
  5. 第二の柱「よりよい経営環境をつくる」に関する議題
     三宅代表理事より、理事会決議「平和問題に対する東京同友会の立ち位置について」の提案。「平和なくして企業経営はあり得ない」という点は共通だが、今回の理事会で決議することは性急であり、決議はしない。
    同友会としての「立ち位置」を代表理事談話として発表。
  6. 2500 名達成と法人化を目指す4大成長戦略(たたき台)の提案
     三木組織部長より
     ①多摩地域の新支部設立②女性・青年会員の比率を20%に③定着率を高める④増強月間に向けての施策、2500 名達成後の法人化について各支部へ持ち帰り議論を。提案は8/18 大組織部、9 月理事会で討議。
     法人化は政策活動上メリットになるが、税負担が伴う。会費や会合参加費の負担を増やす事なく税負担に耐える会財政には最低2500 名の会員が必要。
  7. 消費税軽減税率(複数税率)について
     佐々木政策渉外本部政策担当理事より問題点の報告。
  8. まとめ
     内田広報部長より、「月刊中小企業家」の区長訪問で世田谷区長を訪問、2500 名へ向けて各支部で議論を。
  9. 次回理事会 9月8日(火)午後4時
 

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部
7月20日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏