理事会だより

~毎月開催されている理事会の情報です~

第6回理事会だより(9月8日)

 

日 時  9月8日(火)午後4時~ 6時30分 
会 場  東京同友会会議室
議 長  森副代表理事
出 席 
(敬称略、役職・所属組織、名前の順)
代表理事:三宅・河原・浜野、副代表理事:鈴木・小柳・森(女性部長)、組織部部長:三木、広報部部長:内田、政策渉外本部渉外・連携担当理事:矢倉、政策渉外本部政策担当理事:佐々木、財務部部長:城、中同協共同求人担当常任幹事:小暮、経営労働委員会:木村、共同求人委員会:仲田、障害者委員会:三鴨、エコ委員会:向出、青年部:武藤、IT部会:湯野川、情報化プロジェクト:遠藤 中央区:藤原、港:齊藤、都心協議会:中島、新宿:清水、文京:新井、中野:関根、杉並:渡辺、西部協議会:松本、品川:小柴、南部協議会:山﨑、北:遠山、豊島:川端、練馬:福田、台東:藤井、葛飾:小田、江戸川:皆越、墨田:磯部、江東:谷口、三多摩:岡野、事務局長:林、専任理事:松林、事務局:大西・米田・岩本
 
開会挨拶 三宅代表理事より
増強以外に法人化の論議や意見をいただいているが、理事会や大組織部でも報告をしてきたとおり、会員数2500名を達成した際にはあらゆる状況を加味した上で法人化の議論をできる前提が整う。
今は2500名で60周年を迎えることに集中して議論をお願いしたい。

報告事項

  1. 会務報告 林事務局長より
     東京都や中小企業庁、金融機関など対外渉外活動相次ぐタウンミーティングも大きな成果といえる。会員数は増勢を維持している。
  2. 各委員会・部からの報告
    ・内田広報部長より
     月刊誌各コーナーへの情報提供と各支部で担当の選出をお願いしたい。
    ・佐々木政策渉外本部政策担当理事、矢倉同部渉外・連携担当理事より
     軽減税率は廃止の方向で運動の成果である。東京都への政策提言、秋の会員企業実態調査アンケートは経営研究集会でも集める。11/16に記者懇談会を予定。 
    ・武藤青年部長より
     11月に大例会を予定。グループ長や報告者への青年会員の登用に協力を。関東甲信越青年経営者フォーラムは来年4/16に開催予定。行事が重ならないように配慮を。
    ・城財務部長より
     上半期の予算執行状況は順調。会費未収は12名。12月までにはゼロに持っていきたい。
    ・三鴨障害者委員長より
     10/22(木)~23(金)障害者問題全国交流会in愛媛の告知。
    ・中島都心協議長より
     11/26ビジネスエキスポ開催。全都をあげてのビジネス交流として全協議会の共催を求めたい。
    ・三木組織部長より
     千葉同友会との交流ゴルフコンペ。ゴルフを増強に有効活用する。

承認事項 

  1. 7-8月の入会者の承認
     入会者47名を承認。
  2. 東京都と仕事と介護両立シンポジウム後援依頼 承認。
  3. ブロック連携行事「障害者就労支援A型事業所フォーラム」の東京開催 承認。
  4. 劇団チームKITAYAMAの10/11公演への後援依頼 承認。
  5. さわやか信用金庫との提携 承認。
  6. 西武信用金庫との提携 承認。

討議事項 

  1. 第22回東京経営研究集会
     皆越理事より
     参加登録は現在352名、目標500名、講演会は750名。残り173名、周囲の方にも声をかけを。
    ・東部協と三多摩の交流できる機会をつくることを検討して欲しい
    ・懇親会のミニコマ対戦を協議会単位で交流に活用していただきたい。
    ・各分科会の見所などを交流
  2. 第一の柱 「よい会社・よい経営者になるための活動」に関する議題
     仲田共同求人委員長より、共同求人の理念と活動とその重要性を自身の経験も交えて提案。
     以下、感想や出された意見
    ・これは討議事項なのか?報告に聞こえる。
    ・総会で決まった運動方針の1番の柱の1つについて、各委員会がどう取り組んでいるかを理事会で報告してもらい、理事会として理解を深め同友会運動に取り組むという趣旨。理事会で討議していくことは少ないが、次の総会でも方針として問題提起していく下地になる。
    ・同友会の3つの目的を果たすにあたって重要な委員会の活動を理事に理解していただく目的もある。
  3. 組織部 秋の増強月間にむけて
     三木組織部長より 
     先月提案の会員拡大4大戦略と当面の取り組みを提案。
     小柳副代表理事より、三多摩空白地での支部展開の状況と今後について報告。
     皆越理事より千葉同友会の船橋支部の例会の訪問について報告。
     増強について以下の通り活発な討議が行われた。
    ・2500名でよいのか?東京は5000名を目指すべき。
    ・支部で持ち帰って話したテーマに法人化があったがスルーされている。
    ・8月に各支部で話し合われた内容の集約がない。
    ・組織部メーリングリストで流した質問、意見などが理事会資料に出されていない。
    ・各個人のメール上での討議や質問や意見は、俄に理事会討議に直結するものではない。
    ・法人化の議論と増強の議論は別、当面増強の目的から法人化を外すべき。
    ・青年部だけでなく支部への報奨金はどうか。
    ・そもそも増強の目的の議論がない。
     当面の2015 年増強月間にむけての施策(案)について理事会で確認された事項
    ・増強月間を9月理事会(9月8日)~2016年1月18日(新年会)までとする。
    ・入会者3名を達成した紹介者は新年大賀詞交歓会に無料ご招待。
    ・青年部・女性部の紹介で入会した場合、一人あたり1万円の増強補助を行う。(月間中)
    ・「東京同友会60周年までに2500名を達成しよう」という確認。
    ※増強議論が混乱するため、スローガンから法人化は削除する。
     以下、論議未了の項目は次回理事会で最終確認となる。
     なお中期的な4大戦略については次回理事会でグループ討論を行う。
     論議未了の項目
    ・2015年度の増強推進の取り組みとして必要な全体の支援策についての提案。
    ・10%目標達成支部は表彰する。(※特典についての意見)
    ・4大成長戦略推進プロジェクトチーム結成案と次回議論となる四大戦略について意見を求める。
    ※それとは別件で問題提議のあったメールでの質問等については、返答と扱いのルールについて総務会にて討議し提案する。
  4. まとめ
     浜野代表理事より
     理事会らしい論議がされた。何のために数を増やすのかを含めて論議のサイクルをまわしていきたい。
  5. 次回理事会 10月13日(火)午後6時
 

おすすめ勉強会

詳細

渋谷支部・西部協議会
2月1日(木)
第13期 販売塾
大好評です!!ロングランで...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏及びコンサルタント連合『青藍会』の強力講師陣
渋谷支部
4月19日(木)
もっと強く、新しい企業に!!第...
好評『販売塾』と両輪 も...
会場:東京中小企業家同友会・会...
報告者:販売力強化の第一人者・坂 陽風氏