女性活躍、これまでの20年、これからの20年 わたしたち、かがやきます

| コメント(0) | トラックバック(0)
2017年4月22日(土) 東京家政学院大学
 
 
東京家政学院大学において、東京中小企業家同友会女性部(WAT21)の総会と20周年記念企画が開催されました。
 
東京同友会の女性会員比率は15%超。今年は1990年設立の「茶話会」が「女性部」に名前を変え20年の節目であり、本企画はこの節目を東京家政学院大学との協働で次世代を担う女子学生と現役女性経営者の世代を超えた交流の機会として取り組まれたました。
 
関東経済産業局と東京都が後援。女子学生、若い社会人の女性、他県の同友会からも参加を得て参加者は119名でした。
開会挨拶ののち、女性部20周年に際し小池百合子東京都知事のビデオメッセージを放映。これは東京家政学院大学の女子学生が撮影したもので、画期的な成果です。
 
基調講演は、NHKの若手ディレクターの山田加奈子氏。ブータンで文化財修復に従事する東京家政学院大学卒業生を取材した番組「世界で花咲け!なでしこたち」の制作を通じて、世界で自分の可能性を広げている日本人女性に共通する点は、高い志と熱意を持ち、共感を広げる力、悩むことを楽しむという点だと指摘されました。
 
続く東京都男女平等参画担当部長の吉村幸子氏の講演は、働く女性の先輩として、民間企業を経て入都したご自身のキャリア、女性比率4割、女性管理職率2割近い女性活躍先進職場の都庁についてお話しいただきました。
 
女性経営者の立場から東京同友会女性部副部長の橋本久美子氏((株)吉村・品川支部)が講演。目指すものの現実に向けて失敗と経験を積み重ねながら近づこうとする過程、自ら変化をつくることが仕事であるというお話に共感の波が会場に広がりました。
 
テーブルディスカッションは、女子学生・男女の企業経営者が新鮮な発見や学びを得て熱気あふれるディスカッションとなりました。
 
ph_repo_oth_170422_01.jpgph_repo_oth_170422_02.jpgph_repo_oth_170422_03.jpgph_repo_oth_170422_04.jpgph_repo_oth_170422_05.jpgph_repo_oth_170422_06.jpgph_repo_oth_170422_07.jpgph_repo_oth_170422_08.jpgph_repo_oth_170422_09.jpgph_repo_oth_170422_10.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokyo.doyu.jp/mt/mt-tb.cgi/706

コメントする

よい会社になろう!

東京中小企業家同友会は東 京都内2100社の異業種の中 小企業家が加盟する会。オン リーワン企業・優良企業・老舗 からベンチャーまで様々な経 営者が知り合い、学び合い、 援け合い、良い会社を目指 す経営者の会です。

入会資格

●企業規模の大小を問わず、中 小企業経営者およびそれに準 ずる方で、会の趣旨に賛同する 方であればどなたでもご入会い ただけます。

●入会には会員1名の推薦が必 要です。お知り合いの会員がお られない場合は事務局までご相 談ください。

●入会金は20000円、月会費は 7000円で3か月ごとの前納となっ ています。

ウェブページ

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ