>

新宿支部の7月例会は、支部会員企業のオシゴトを深く掘り下げ、その想いを熱く語っていただく好評企画「隣の経営者シリーズ」の第4弾です。

今回は満を持して、株式会社RayArc代表取締役会長であり、今期からは東京中小企業家同友会の代表理事にも就任されました、仲田喜義さんにご登場いただきます。

題して「夢中で駆け抜けた起業からいまそして未来、更には同友会活動を語る」

コンピューターの黎明期ともいえる昭和58年に、時代に先駆けてソフトウエア会社を設立した仲田さん。常に時代の先端を走り続け、私たちの生活や社会に欠かせない様々なシステムを開発してきました。

コンピューターが社会に普及し急激に発展していくとともに、会社も大きく成長。共同求人をきっかけに入会した同友会での活動を通して、「優れた技術を支えるのは「人間力」である」との思いを強くし、「夢を持てる会社にしよう」「人を、会社を育てよう」「信用、信頼される人、会社にしよう」をモットーに、『人財』の教育にも力を入れています。

 

会社とともに35年、そして同友会とともに30年。歩んできた道の、その先には何が見えているのでしょうか。

今回は特別に、西新宿にある仲田さんの会社にお邪魔して、じっくりたっぷりとお話を伺います。

 

登録はこちらから

https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17921

新宿支部7月例会_180608.jpg

新宿支部6月例会は、「“桜梅桃李”個性をいかした経営を目指して~経営指針成文化セミナーでみえた“自社の花の咲かせ方”」と題しまして、昨年の経営指針成文化セミナーの修了生である新宿支部の飛鳥井羊右さん、千代田支部の村上まみ子さんにお話を伺います。

 

デザイナーとして第一線で活躍していたある日、先代の創業社長から突然次期社長の指名を受けた飛鳥井さん。親族でもない自分が会社を継ぐという事に戸惑いを覚えながらも、自身を育ててくれた会社や仲間たちへの想いと、自分に与えられた役割の意味を考え、申し出を受けて4年前に社長に就任しました。

しかし、デザイナーとしての仕事の仕方と、経営者としての意識の持ち方のギャップを自分自身で埋めることができず、何をどうしたら良いのかも分からないままに会社の業績がじわじわと悪化。そんな時に出会ったのが同友会であり、経営指針成文化セミナーでした。

セミナーでの学びを通して自分と向き合う事で、自身の中の「甘え」に気づき、自分がこれから会社をどうしたいのかを真剣に考えるようになったそうです。

 

一方、司法書士としての本業に加えて、セミナー講師など多岐にわたる活躍をされている村上さん。家事や子育ても手を抜かず、なおかつ司法書士としてきちんとお客様に向き合える仕事がしたいと5年前に事務所を開業しました。

しかし、一人で何もかもやらなければならない体制の限界や、経営に対する漠然とした不安を感じる日々…。そんなとき、例会のチラシで経営指針成文化セミナーの存在を知り、直観的に受講を決めました。

セミナーを受講して、「あんなに考えたのは初めて」というくらいに自分自身や事業のことについて考えに考え抜いたという村上さん、そうして最後に見えてきた「ぶれない芯」とは何だったのでしょう?

 

経営指針成文化セミナーで得たもの、持ち帰ってきたもの、それぞれの事業のこれからについて、お二人に包み隠さずお話しいただきます。

セミナー受講を迷っている方、経営者としての迷い道に立っている方、きっと何かのヒントが得られることと思います。

 

登録はこちらから

https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17890

 

 新宿支部6月例会_0612.jpg

新宿支部5月例会は、NHK解説委員の関口博之さんをお招きしてお話を伺います。

 現在は、NHKおはよう日本の経済コーナー「おはBiz」を隔週で担当する関口さん、経済に対する深い洞察力と分かりやすい解説に定評があります。

2004年から2009年までメインキャスターを務めた日曜日朝の「経済羅針盤」では、毎週""の経営者をスタジオに招いてインタビュー。トヨタ、ソフトバンク、森ビルといった大手企業の社長や、日銀総裁、金融庁長官、経団連会長といった財界人、更には地方の元気な中小企業の経営者まで、5年間で延べ250人もの人々の様々な想いや本音を引き出してきました。

 そして関口さんの最大の武器は、好奇心。少しでも興味のある事や気になる事があれば、フットワークの軽さを活かして西へ東へ。情報をその目で確かめて自分の物として取り入れています。

NHK経済部の記者としての長年の経験や豊富な知識に加え、数多くのインタビューで培った深い洞察力と、少年のような強い好奇心を併せ持つ、そんな関口さんの目には、目まぐるしく変化する今の世界経済・日本経済はどのように映っているのでしょうか。

当日は、国内トップの豆腐メーカーや今年最大のIPOになった将棋AIのベンチャー、消費者心理を探る新たな手法や、大手商社の新規事業開拓の工夫など、この2か月ほどの間におはBizで取り上げた実際の企業戦略やトップインタビューも交え、我々がこれからの社会を生き抜いていくためのヒントを語っていただきます。

 

 

 関口さんには、懇親会にもご出席いただきます。とても気さくな方なので、講演では聞けない様な色々なお話も聞けると思います。こちらも是非ご参加下さい!

 

東京中小企業家同友会 西部協議会総会+新宿支部例会

「中小企業経営者を取り巻く経営環境と成長へのヒント」

講師:関口博之氏 (NHK解説委員)

 

開催日:518()

会場:LEC東京リーガルマインド中野本校

総会:18:00

記念講演会:18:30~20:40

懇親会:20:50~ (参加費3500)

 

参加登録はこちら

 https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17372

 

IMG_4888.JPG

来たる4/19木曜日、新宿支部の2018年度年次総会が開催されます。
これに伴い、記念講演として写真家のハービー・山口さんをお招きし、お話を伺います。

幼いころから難病を抱え、孤独な幼少期を過ごしたハービー氏が初めてカメラを手にしたのは中学時代。

カメラには人の心をポジティブにする力があると知ります。

それから現在に至るまで「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」という想いをブレずに持ち続けているハービーさんの作品は、見ている方も心がふわりと柔らかく、暖かくなっていくような気がします。

大学卒業後に渡英し、劇団役者をしながら、パンクロックニューウエーブの ムーブメントにも遭遇。

なんと、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアするなどロンドンの最もエキサイティンだった時代を写真に残しました。
帰国後も布袋寅泰、福山雅治、ゆず、THE BOOM など多くの国内アーティストとのコラボレーションのかたわら、常にやさしい眼差しで市井の人々にカメラを 向け続けています。
どんな写真を撮るときも、人への憧れ、ときめきが根底にあると語るハービーさん。だからこそ、素敵な出会いに恵まれ、そしてまたそれが写真にキラキラとした輝きを与えているのでしょう

「人の心が優しくなる写真を撮りたい。」 ハービーさんが大切にする瞬間とは何か。その想いを伺います。

東京中小企業家同友会新宿支部総会

2018年4月19日木曜日 総会18:00~ 記念講演18:40~ 懇親会20:00~

講演会は参加費無料、懇親会のみ3,000円 

 

参加登録はこちらから。

https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17219

 

Screenshot-2018-4-9 2018新宿総会_180322 - 17219 pdf.png

新宿支部3月例会(3月20日)は、林事務局長のお話です。来週です。

特別企画【私たちを取り巻く情勢の変化】『チェンジはチャンス2018』

探求! 未来はすでに配られている

経営環境の変化を把握し、経営に活かす。事例紹介もあって分かりやすい内容です。

是非ご参加を。お待ちしております。

3月20日(火) 18:30~21:00 東京同友会(市ヶ谷)

お申し込みはこちらから:

https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17217

 

2/20火曜日、新宿支部の二月例会が開催されました。

新宿区産業振興課の太田公一課長をお招きし、区の中小企業支援策と産業振興プランなど、知っているようで全く知らない産業振興課の事業についてのお話を伺いました。

「産業振興課は、中小企業の“自発的な”活動を後押しする機関である」とのことで、企業の経営者やこれから事業を始めようとしている人たちは、「ただ助けを待っていても何も始まらない。自治体が用意してくれている支援策を自らがきちんと知って積極的に活用していかなくては勿体ない。」という事がとても良く分かるお話でした。

またお話の中では、新宿区の産業は他所に比べて多様性(業種・規模・歴史等)を持つ企業が多く存在するのが大きな特徴であるという事、今後はさらに事業環境の大きな変化が予想されること、そしてそれに伴う様々な課題に応じたこれからの産業振興プランが示されました。

参加者も、どんな支援策があり、それが自社にとってどのように役立つかを考えたり、普段直接声を届ける機会の無い産業振興課長へ地域企業としての熱い想いを伝えたり、地域と密接なつながりを持つ中小企業ならではの活発な意見が飛び交いました。

また、概ねどこの自治体でも同様の支援策があるとのことで、区外から参加された皆さんからも「早速自分たちの区でどんな支援が受けられるか調べてみたい」との声や、基本条例の制定や秋に控えたタウンミーティングのヒントを得たとの声もいただき、大変充実した例会となりました。

 

28235258_1630060443726956_7319668713276032321_o.jpg

新宿支部の二月例会は、いつもとは少し趣向を変え、新宿区産業振興課の太田公一課長をお招きして、中小企業支援と産業振興プランについてのお話を伺います。

知らないと損する自治体の中小企業支援。

企業向けの融資あっせんから、表彰制度や独自の補助金制度、商店街振興や創業・経営に関する様々な相談窓口もあります。

ちゃんと知って上手に利用すれば、企業の強い味方になること間違いなしです。

どこの自治体にもあるけど、私たちにどんな事をしてくれるのか、イマイチピンと来ない産業振興課。

新宿区以外の企業の方も聞いて損はないお話が沢山聞けると思います。

 

今回はQ&Aの時間を長めにいたします。

2020年に向けての取り組みやその他の素朴な疑問等々、また中小企業ならではの私たちの想いなど、普段お話する機会の無い自治体の担当者である太田課長にぶつけてみませんか?

沢山の皆様のご参加をお待ちしてます!

 

お申し込みはこちらから:

https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=17173

IMG_4394.jpg

 

株式会社白川プロ。NHKを主要顧客とする、総勢290名の「テレビニュースやドキュメンタリー番組の映像編集・音響効果、及びその関連業務」事業の会社。白川亜弥氏は取締役であり、創業者の後継者でもある。

古い体質で、改革には抵抗の大きな組織。そこに立ち向かい、現在では東京都から「ライフワークバランス」で表彰されるまでになった。その変革のプロセスを、具体的に赤裸々に語っていただく。会社を変革すること、後継者として活動すること、映像編集業界って何?、あるいは他人(他社)のゴタゴタを覗き見たい(:-)、興味のある方は、ぜひお越しを。

1/24(水) 18:30~東京同友会会議室

申込はこちらから

東京中小企業家同友会新宿支部11月の例会は、

あなたの知らない「オシゴト」の世界を紐解く、「隣の経営者シリーズ」第二弾!

報告者は 株式会社キタミ 社長の北見陽一郎さんです。

梱包・包装資材一筋82年の会社の3代目の北見さん。

日々競争が激しさを増す業界の中で、

いかに伝統を守りながらも新しい目線で販路を開拓するか、

そして謎のキーワード「やりたくないなら、やらなくてもOK」の意味するものとは!?

「あなたの知らない包装の世界」、ちょっと覗いてみませんか?

参加登録はこちらから ↓ ↓ ↓

https://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/common/meeting.php?meeting_id=16726

22851386_10212268966452358_868337347_o.jpg

表示

新宿支部文京支部合同9月例会(新宿区保健センター連携)「働く人のストレスマネジメント講座」9/13&28が盛況のうちに終わりました。

第1日目(9月13日)「職場のメンタルヘルス~問題と解決への考え方~」
第2日目(9月28日)「これからの職場のメンタルヘルス~個人と組織の活性化に向けて~」
メンタルヘルス対策の基礎と重要性、各社での状況などの意見交換を行い、「ワーク・エンゲイジメント」をキーワードに、
組織を元気にする攻めのメンタルヘルス対策を提唱している北里大学人間科学教育センター教授島津明人先生のお話
(実際のお話は、株式会社Ds’sメンタルヘルス・ラボ代表取締役原雄二郎先生)を伺いました。お話の概要は以下のサイト
にも掲載されていますので、ご参考までに。
 
新宿支部は、今後も皆さまの役に立つ例会を開催していきます。ぜひ、ご参加ください。
 
-文責:岡田資司

よい会社になろう!

東京中小企業家同友会は東 京都内2100社の異業種の中 小企業家が加盟する会。オン リーワン企業・優良企業・老舗 からベンチャーまで様々な経 営者が知り合い、学び合い、 援け合い、良い会社を目指 す経営者の会です。
東京中小企業家同友会

入会資格

●企業規模の大小を問わず、中 小企業経営者およびそれに準 ずる方で、会の趣旨に賛同する 方であればどなたでもご入会い ただけます。

●入会には会員1名の推薦が必 要です。お知り合いの会員がお られない場合は事務局までご相 談ください。

●入会金は20000円、月会費は 7000円で3か月ごとの前納となっ ています。